不動産売却・査定Navi

レインズって知ってる?レインズの存在を良く思わない人がいます、それは。。。

 

 

不動産の売買や賃貸の取引では売り手・貸し手と買い手・借り手を結びつける仲介役が必要です。

 

不動産業者がこの役割を果たすわけですが、物件のオーナーは業者との契約で専任媒介契約、若しくは専属専任媒介契約という種類の契約を結んで物件の紹介を依頼することがほとんどです。

 

すると不動産業者はオーナーの物件をレインズという住宅流通機構(ネット上の紹介サイトのようなもの)に登録する義務が生じます。

 

レインズは不動産業者だけが利用でき、全国の不動産業者が自己が抱えている見込み客へ紹介できるので、オーナーは販売チャンネルが一気に増え、物件を探している人にとっても非常に楽に物件の紹介を受けることができます。

 

特に売買、その中でも投資用の物件などは遠隔地の物件でも取引が活発なので、レインズを利用できる不動産業者から条件の合う物件情報を随時得ることができます。

 

ただ一人だけ、レインズの存在を良く思わない人がいます。

 

それはオーナーから物件の紹介依頼を受けた業者です。

 

紹介依頼を受けた業者は買い手借り手を自分で見つければ、オーナー側と両方から手数料を取れるのでウハウハなわけですが、レインズに登録してしまうと全国の競合不動産業者の目に留まるので、その分探し手側からの手数料を取れない可能性が高まります。

 

オーナー側からの報酬で満足すればいいのですが、「取れるものは取りたい」のも人情です。

 

そのような思惑から、意図的にレインズへの登録を遅らせたり、登録すらしなかったりということが結構あるのです。

 

上記でいう所のオーナーから紹介依頼を受けた不動産業者も、別の物件では買い手探しの当事者として活動するのですから、他の業者も同じようなことをしていたのでは自分もその時買い手探しで報酬を得られる機会を逸してしまいますね。

 

ですからどちらの立場にもなりうるわけですから「皆が公正にルールを守ろう」とすれば上記のような事態は起こりません。

 

上記のような意図的な行為を「囲い込み」といいますが、大手だけでなく中小が乱立する不動産業界ではあまりルールの順守は期待できないところがあるのも事実です。

 

各業者はライバルでもあるのですから仕方ないと言えばそれまでですが、レインズに登録した後でも、買い手側の業者からの問い合わせに「交渉中の先客がいる」「売却が内定した」などとして他の業者経由の買い手を寄せ付けないことがあります。

 

実際に候補がいる場合でも、自社で最終的な契約まで持ちもめれば勝ちですから、「ツバを付けておく」感覚で優先順位を確保する操作をする場合もあります。

お勧め不動産売却サイト厳選3

 

不動産流通市場に「公平性」「合理性」「高品質」という「新しさ」を持ち込むソニー不動産。

たった60秒の登録で、全国の不動産会社から最高条件の不動産会社を探してくれますソニー不動産が間に入ってくれるので不動産査定後にありがちな、しつこい営業が一切無いな点も人気の理由。不動産査定を検討したらまず最初に利用したい定番サイト

対応エリア 対応物件 サイト分類 査定料 評価
一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉) 戸建て、土地、マンション、商用物件 売主様専門不動産売却エージェント 完全無料

→ ソニー不動産の公式サイトはこちら

 

 

不動産一括査定サイトのイエイ!
簡単な登録だけで最大6社分の査定書を無料で即日お取り寄せしてくれます。一括不動産査定を利用するなら確実に登録しておきたい定番サイトです。もちろん完全無料で査定できます。特にマンションの価格査定には定評があるのでマンションの方はこちらのマンション専用査定サイトから試してみてください。

対応エリア 対応物件 サイト分類 査定料 評価
日本全国 戸建て、土地、マンション、商用物件 一括見積もり型 完全無料

→ イエイ(土地・戸建て・商用土地)の公式サイト

 

→ イエイ(マンション)の公式サイト

 

 

NTTデータグループが運営する不動産一括査定サイト。
売りたい物件と全国約500社不動産会社とマッチング!あなたに合った不動産会社を最大6社おすすめしてくれます。もちろん完全無料で査定できます。

対応エリア 対応物件 サイト分類 査定料 評価
日本全国 戸建て、土地、マンション、商用物件 一括見積もり型 完全無料

→ HOME4U(NTTデータグループ)の公式サイト