不動産売却・査定Navi

こんな不動産業業者に気をつけて

今回は不動産売却の依頼をする時に、業者選びで気をつけなければいけないことをお話し、注意すべき業者、警戒すべき業者について見ていきたいと思います。

 

普段不動産の取引を頻繁に行っている方はそう多くないと思いますが、業者はやはりプロですから日々の取引の中で様々なケースを経験しています。

 

当然、自社に有利になるように全力を注ぐのが商社ですから、儲けを追及するのは仕方ありませんが、利用者であるあなたにも最大限の利益をもたらしてくれるような業者でなければ損をしてしまいます。

 

できるだけ損をもたらす業者に関わらないようにするためにどうすれば良いか見ていきましょう。

 

 

査定依頼時のチェック

 

不動産の売却はまず最初に複数業者に査定を依頼するのが一般的です。

 

その時まずは一括査定サイト等で机上査定額を出し、その後実際の訪問査定などで物件の内部や周辺環境を確かめて本格的な査定額を提示します。

 

机上査定でも訪問査定でも、通常はあなたの希望額よりは低いのが普通です。売主は所有物件への愛着や思い入れから論理的ではない「上乗せ」の数字を盛って考えるからです。

 

査定額は高い方が依頼者が喜ぶことを業者は重々承知しています。

 

ですから複数業者の中でも比較的高額な額を提示する業者にはその算定根拠を聞いて下さい。

 

「実は見込み客を捕まえていて、その方の予算がこのくらいまで出せるんですよ」とか、「半年前に同様のスペックの物件を近隣地で取引した時にこのくらいの数字で決まったんです」などと納得性のある説明があれば良いですが、それができずにただ高額を提示する業者はちょっと危険です。

 

契約欲しさに額で釣ろうとしているのかもしれません。

 

 

仲介料が極端に安い業者は注意

 

中には仲介手数料を半額にしたり、もっと進んで無料にするなどの行為を行う業者もいるようです。

 

仲介手数料は法律で上限値が決まっているだけで、あとは市場理論ですから値引きなどはもちろん可能なのですが、極端な値引きや無料といったあからさまな引き付け手法には注意した方が良いでしょう。

 

依頼者からすると手数料無料は嬉しい限りですが、業者は売り手からの手数料を最初から当てにしていないということです。

 

これは買い手からの仲介手数料に全てを依存して会社経営していることになりますので、買い手探しを他社に取られないように小細工をしている可能性が高いです。

 

本来レインズというネット上の機構に物件を登録して全国の不動産業者に買い手募集を知らせる必要があるのですが、他社に取られてはならないので本来の義務を果たさず、こっそりと自社だけで買い手探しをするなどです。

 

その分買い手の発見が遅れて、物件の価値が減少してしまったり、最悪買い手が見つからないなどの不利益を被る危険性もあります。

 

お勧め不動産売却サイト厳選3

 

不動産流通市場に「公平性」「合理性」「高品質」という「新しさ」を持ち込むソニー不動産。

たった60秒の登録で、全国の不動産会社から最高条件の不動産会社を探してくれますソニー不動産が間に入ってくれるので不動産査定後にありがちな、しつこい営業が一切無いな点も人気の理由。不動産査定を検討したらまず最初に利用したい定番サイト

対応エリア 対応物件 サイト分類 査定料 評価
一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉) 戸建て、土地、マンション、商用物件 売主様専門不動産売却エージェント 完全無料

→ ソニー不動産の公式サイトはこちら

 

 

不動産一括査定サイトのイエイ!
簡単な登録だけで最大6社分の査定書を無料で即日お取り寄せしてくれます。一括不動産査定を利用するなら確実に登録しておきたい定番サイトです。もちろん完全無料で査定できます。特にマンションの価格査定には定評があるのでマンションの方はこちらのマンション専用査定サイトから試してみてください。

対応エリア 対応物件 サイト分類 査定料 評価
日本全国 戸建て、土地、マンション、商用物件 一括見積もり型 完全無料

→ イエイ(土地・戸建て・商用土地)の公式サイト

→ イエイ(マンション)の公式サイト

 

 

NTTデータグループが運営する不動産一括査定サイト。
売りたい物件と全国約500社不動産会社とマッチング!あなたに合った不動産会社を最大6社おすすめしてくれます。もちろん完全無料で査定できます。

対応エリア 対応物件 サイト分類 査定料 評価
日本全国 戸建て、土地、マンション、商用物件 一括見積もり型 完全無料

→ HOME4U(NTTデータグループ)の公式サイト