不動産売却・査定Navi

不動産を売却する時の基本的な流れは?

動産を売却するには通常プロの不動産業者を利用するのが一般的です。

 

自分で全てやることも不可能ではないですが、手間の面と契約など法的な安全性の点からお勧めできるものではありません。

 

今回は不動産の売却事案において、最も平均的なパターンではどのような流れで進むのか見ていきます。

 

 

まずは一括査定サイトで査定依頼

 

何はともあれ物件を査定してもらわないと手続きが進みませんから、業者に査定依頼をしなければなりません。

 

近所の不動産屋さんに頼んでもいいですが、それよりもネットで一括査定サイトを利用した方が効率よく相場を知ることができます。

 

物件情報を記入すると、複数業者から査定額が提示されます。この段階では実際に物件を見ることはせず、机上査定といって大よその予測値としての数字が出されます。

 

各社の数字は開きがあることが普通なので驚くことはありません。それらの数字の平均したくらいが、あなたの物件の大体の相場ということができます。

 

 

次に訪問査定をしてもらう

 

サイト上でアプローチしてきた業者と、他に地元業者で良さそうなところがあればそれも含めて物件の現物を見てもらいます。

 

こうすることでより正確な見積もり額が提示されることになります。

 

提示された数字が高ければ良いというわけではなく、納得できる理由を説明してくれる、信頼できそうな業者をこの段階で選びます。

 

 

不動産屋と仲介契約を結ぶ

 

売却仲介を依頼する業者を決めたら仲介契約を結びます。

 

あとは業者の方で宣伝、集客を行ってくれるので面倒がありません。

 

内見対策の為に部屋の中を掃除して、余計な物品は運び出しておきましょう。

 

 

条件交渉と契約

 

ほとんどのお客さんは値引きなど条件交渉を望んできますから、応じられる範囲で調整して交渉をまとめましょう。

 

上手くいったら買い手と売買契約を締結することになります。

 

不動産の種類によって契約上の注意事項が異なりますが、文面の作成は業者さんが行ってくれますから安心です。

 

念のため条項をよく読んで署名押印し、契約終了です。

 

 

物件の引き渡し作業

 

契約条項の中には「物件引渡し日」という条項を儲けるのが一般的です。

 

家や車庫のカギなど、物件の利用に必要な一切の物を買い手に交付するのが「物件の引き渡し」です。

 

これを契約書の中で定めた「引渡し日」の期日に行います。

 

同条項では場所の指定もしますから、そこで家の鍵など必要な物を相手方に手渡して終了です。

 

お勧め不動産売却サイト厳選3

 

不動産流通市場に「公平性」「合理性」「高品質」という「新しさ」を持ち込むソニー不動産。

たった60秒の登録で、全国の不動産会社から最高条件の不動産会社を探してくれますソニー不動産が間に入ってくれるので不動産査定後にありがちな、しつこい営業が一切無いな点も人気の理由。不動産査定を検討したらまず最初に利用したい定番サイト

対応エリア 対応物件 サイト分類 査定料 評価
一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉) 戸建て、土地、マンション、商用物件 売主様専門不動産売却エージェント 完全無料

→ ソニー不動産の公式サイトはこちら

 

 

不動産一括査定サイトのイエイ!
簡単な登録だけで最大6社分の査定書を無料で即日お取り寄せしてくれます。一括不動産査定を利用するなら確実に登録しておきたい定番サイトです。もちろん完全無料で査定できます。特にマンションの価格査定には定評があるのでマンションの方はこちらのマンション専用査定サイトから試してみてください。

対応エリア 対応物件 サイト分類 査定料 評価
日本全国 戸建て、土地、マンション、商用物件 一括見積もり型 完全無料

→ イエイ(土地・戸建て・商用土地)の公式サイト

→ イエイ(マンション)の公式サイト

 

 

NTTデータグループが運営する不動産一括査定サイト。
売りたい物件と全国約500社不動産会社とマッチング!あなたに合った不動産会社を最大6社おすすめしてくれます。もちろん完全無料で査定できます。

対応エリア 対応物件 サイト分類 査定料 評価
日本全国 戸建て、土地、マンション、商用物件 一括見積もり型 完全無料

→ HOME4U(NTTデータグループ)の公式サイト